お腹が痛い原因にはどんな病気がある?|腹痛は何科にかかるべきか

entry_img_104.jpg

お腹が痛くて病院にかかりたいという場合、腹部には非常に多くの臓器があるので何科が専門になるのか難しいケースも多いです。

しかし結論からいうと、最初に相談するべきは内科、それも消化器内科腹痛の診察、診断の専門になります。


腹痛を相談するべきはまず消化器内科

add_img_3_104.jpg

消化器とは、食べ物を消化するための器官のことを指します。 お腹の中の臓器の中でも、口から食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肛門までを消化管と呼びます。

さらに消化を助ける酵素などを分泌する肝臓、胆のう、すい臓なども消化器に含まれます。 消化器内科はこれらの臓器の病気を専門的に扱う診療科であり、日常的に多くの腹痛を診療している科です。

また、胃の内視鏡や腸の内視鏡を専門的に行うのも消化器内科であり、腹痛を相談するのであれば、優先度から言えばまず消化器内科ということになります。 消化器内科はお腹の内科である、というイメージを持っていただければよいかと思います。

女性の場合は産婦人科も考慮すべき

しかし腹痛の中には、女性特有の腹痛というものがあります。 月経痛のほか、子宮や卵巣などの、女性器に由来する病気に関しては専門は産婦人科です。

女性の場合、内科や消化器内科で特に問題ないと言われた場合は、次の受診科として産婦人科が挙げられます。

子宮や卵巣周辺を詳しく検査する経腟エコーなどは、内科や消化器内科ではできませんので、その点に関して注意が必要になります。


様々な消化器の病気が腹痛を起こす

腹痛を起こす病気は、非常に多岐にわたります。 上に挙げた消化器に関して言えば、胃や十二指腸の潰瘍、腸の病気であれば腸炎や腸閉塞、胆のうの結石やすい臓の炎症である膵炎などなど、その病気は数えきれません。

特に緊急性の高い病気として、消化管に穴が開いてしまう消化管破裂、消化管がねじれて血流が途絶えてしまう絞扼性の腸閉塞などがあります。

腹痛で有名な病気として、ほかに盲腸(もうちょう)があります。医学的には急性虫垂炎と呼ばれ、お腹の右下の部分にある盲腸という部分の炎症です。

また、当然ながら胃がん大腸がんなどのがんも、腹痛を起こすことがあります。 これらの病気がないかどうかを詳しく検査をするのは、消化器内科医の専門となります。

まず医師は診察、採血、レントゲンなどの初期の検査で緊急性の有無を判断し、緊急性はなさそうだということになれば、必要に応じて内視鏡やCTなどの検査を予約していくという流れになります。

腹痛の中には手術が必要になる病気があり、その場合は消化器の手術の専門である一般外科消化器外科の医師がいて、手術ができる病院に紹介するということになります。

add_img_104.jpg

ただし腹痛の原因は消化器だけとは限らない

当然のことながら、腹痛の原因が必ずしも消化器によるものとは限りません。

消化器以外で緊急性の高い腹痛の例として、大動脈破裂、大動脈の壁が裂ける大動脈解離、女性では子宮外妊娠による破裂なども挙げられます。

腎臓結石でも腹痛が起こりますし、心筋梗塞や胸膜炎など、胸の臓器の病気でも腹痛として症状が出てくることがあります。

例えば大動脈の破裂であれば心臓血管外科が専門になり、腎臓の結石であれば泌尿器科が専門になりますが、このような場合に、最初から専門科にかかるというケースはほとんどありません。

多くの場合、内科医、消化器内科医、または救急の当番医が診察し、必要に応じて専門科の医師を呼ぶか、緊急性があれば専門科の医師がいる病院へ患者さんを搬送することになります。

ですので、多くの人にとって、お腹が痛ければ内科、その中でも消化器内科が専門と理解していただいていれば、正しい診療の道筋を進むことができます。

これまで経験したことのない強い腹痛の場合

add_img4_104.jpg

腹痛が急激で、これまで経験したことのないようなひどいものであった場合、救急車を呼ぶべきケースがあります。

そのような場合であれば、救急の当番医が診察し、検査で原因を調べたのちに、専門の科の医師を呼ぶので、当然ながら何科にかかるか考える必要はありません。

また、救急車を呼ぶかどうか迷った場合には、地域が限られますが#7119の短縮ダイヤルで、医療従事者の相談チームと直接話すことができます。

小児であれば、全国共通で#8000の短縮ダイヤルで、どうするべきか医療者に相談をすることができます。 これらのダイヤルでは、相談の結果、救急車を呼ぶべきだということであれば、そのまま救急車を出動させます。

地域によって対応可能な時間が異なるので、お住まいの地域ごとに確認が必要ですが、急な腹痛でどうするべきか迷った場合には非常に大切な相談先になります。

まとめ

腹痛で病院にかかる場合には、消化器内科が専門となり、女性であればさらに産婦人科も考慮するべきです。

腹痛の原因は消化器とは限りませんが、その場合にはそれぞれ専門の科の医師が呼ばれたり、専門の病院に紹介されたりという流れになります。

お腹が痛い場合にはどんな検査を受けるのか|腹痛の検査の種類

お腹が痛いけれども我慢してましたという人がけっこういらっしゃいまして、あまりよくないことだなぁと思っています。こういった方の中には、病院に行くと何されるかわからないという恐怖感をもっていらっしゃる方がいて、そういった怖さで受診を控えてしまう人がいるようです。

また、急な腹痛で救急車を呼ぶべきか迷った場合には、救急相談の#7119が非常に有用ですので、知っておいていただければと思います。

参考文献)
今日の診断指針第6版 医学書院
今日の治療指針2014年版 医学書院