犬や猫にかまれたら何科にいけばよい?|動物咬傷の処置について

犬や猫などの動物

犬や猫に咬まれた場合、通常の怪我と比べて注意しなくてはいけない点があります。

動物に咬まれた場合には、傷そのものに対する処置に加えて、感染症の予防をすることがより大切になってきます。

最近では野犬なども見かけなくなったため、動物咬傷による怪我は減っているといわれていますが、それでも犬や猫に咬まれた人はそれなりに見かけます。

ちなみに私も昔、往診先の犬に思いっきり咬まれたことがあり、このようなペットによる怪我も問題になっているようです。

それでは、動物に咬まれたという場合、どのような病院にいけばよいのか、どのような処置が必要になるのかを説明していきます。


動物に咬まれたら外科系のクリニックまたは病院を受診する

まず傷の処置が必要であるため、外科系の病院を受診することが望ましいといえます。

傷の一部の肉が大きく欠けてしまっている場合や、動脈が傷ついて血が拍動性に噴き出しているような場合は、救急車を呼ぶべきでしょう。

余裕があれば傷を水道水でよく洗った上で、傷の部分をガーゼなどで圧迫しながら、近くの病院の救急外来に行くことになります。

傷がそこまで深くないという場合でも、水道水で傷をよく洗ったのちに近くの整形外科、形成外科、皮膚科、~外科などのクリニックで傷の状態を確認してもらうことをお勧めします。

そして小さな傷であっても、傷に対する処置と感染に対する予防の処置をしてもらうことが推奨されます。

専門となる診療科は分かれるがいずれも傷の初期的な処置は可能

怪我による診療科の守備範囲の違いについては、下記をご参照いただければと思います。

切り傷や擦り傷などの怪我は何科にかかればよいのか

よく、切り傷や擦り傷で内科にいらっしゃる方がいます。簡単な処置はできないわけではありませんが、私は内科医なので外傷に対して医学的責任を負えといわれると正直厳しいところです。内科医だって傷縫えるでしょ?と言われるかもしれませんが、そもそも小さい内科のクリニックなどでは、傷の縫合器具自体がなかったりします。では、一般的な「傷」は何科にかかればよいのでしょうか。

簡単に説明すると、傷が皮膚の表面に限らず、腱や骨などに達している場合であれば、専門は整形外科となります。

また、組織が噛み千切られてしまっていて、傷を閉じるだけでは修復できないようなケースでは形成外科が専門となります。

しかし、いずれにせよ皮膚科や~外科と標榜している病院であれば、傷に対する初期的な処置をしてもらうことは可能です。

ただし会社内の診療所など、非常に小さいクリニックでは傷の処置の器具が限られたものしかなかったりしますので、事前に電話で確認することをお勧めします。

そして傷が深くて専門的な処置をする必要があれば、専門医のいる病院に紹介してもらうことになります。


感染症の予防抗生剤の内服が推奨される

動物に咬まれた場合に、通常の怪我と大きく異なるのは、動物の口の中は細菌がたくさんいることです。

これらの細菌が傷の中に入ると、後になって傷の中で繁殖して、炎症を起こすことがあります。

具体的には、パスツレラ菌バルトネラ菌(猫ひっかき病の原因菌として有名)などの細菌に加えて、破傷風に対する予防が必要となります。

抗生剤の内服による感染予防効果に関しては一定の見解が得られていないものの、一般的に必要と考えられており、日常的に予防内服が行われています。

実際にはほとんどの場合、動物に咬まれた場合には、傷の処置ののちに抗生剤の内服をしてもらうことになります。

多くの動物咬傷で破傷風予防の注射が推奨される

また、動物に咬まれた場合、破傷風の予防で破傷風トキソイドワクチン、場合によっては抗破傷風免疫グロブリンの注射が推奨されます。

日本では1968年以前には破傷風予防接種は行われていないので、それ以前に生まれた人は動物に咬まれた場合には破傷風トキソイドワクチンを受けることが推奨されます。

それ以降に生まれた人であれば、百日せきジフテリア破傷風混合ワクチン(DPT)として生後3ヶ月以降に予防ワクチンを接種している可能性が高いです。

そして現在では、DPT接種計4回に加え、さらに11~12歳にもう1回免疫沈降ジフテリア破傷風混合トキソイド(DT)を接種することになっています。

しかし、その効果は10年と言われており、最後に接種してから10年以上たっているのであれば、破傷風トキソイドワクチンの注射が推奨されています。

また、最後の接種から10年たっていなくても、接種回数が3回未満であればやはり破傷風トキソイドワクチンの注射が推奨されています。

でもまず咬まれないように注意しましょう

日本では1957年以降狂犬病発生は報告されていない

野犬などに咬まれた場合に考えなくてはいけないのが、狂犬病の可能性です。幸いにして、日本では1957年以降は狂犬病発生の報告はなく、日本は現時点では狂犬病のない国です。

しかし日本、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの一部の国を除き、海外においては動物に咬まれた場合、狂犬病の感染の可能性を考えなくてはいけません。

現時点では、狂犬病は発症すると有効な治療がなく死に至る病気です。狂犬病の感染の可能性がある場合には、咬まれた直後になるべく早くワクチンを接種する必要があります。

また、狂犬病を持っているのは犬に限らず、ネコやコウモリなど、様々な動物が狂犬病をもっていることがわかっています。

海外で動物に咬まれた場合には狂犬病の可能性を考えて、傷口を石鹸と水で洗い流したのちに早期に医療機関を受診する必要があります。

まとめ

犬や猫に咬まれた場合、傷の処置に加えて、感染症の予防が大切になります。

ちょっとした傷であっても感染症に発展する危険がありますので、皮膚科や外科系のクリニックで相談することをお勧めします。

参考文献)
IASR 30:71-72:2009
ERマガジン10:508-516:2013
治療 90(10):2722-2724:2008