健康診断で糖尿病の数値が要受診となったら何科に行くのが正しいの?

entry_img_171

「健康診断で糖尿病が要注意だといわれたのですが、糖尿病の専門は何科なのですか?」と患者さんに聞かれることがあります。

病院によっては「糖尿病内科」という診療科があって、はっきりと糖尿病を専門に診ている科だとわかりますが、「糖尿病内科」がない病院もあります。

また、「糖尿病内科」がある病院であっても、一般内科やそれ以外の内科で糖尿病の診療を行うことも少なくありません。

結論からいってしまえば、健康診断で糖尿病に関して要受診となった場合には、まずは最初に「内科」とつくクリニックや診療科にかかれば大丈夫です。

そして一部の重症な糖尿病や特殊なタイプの糖尿病で、専門医による治療が必要と判断されれば、そこから大学病院や総合病院の専門医に紹介されるという流れが一般的です。

それでは具体的に健康診断で糖尿病に関して要受診となった場合にどうしたらいいのか、受診するとどうなるのか、詳しく説明していきたいと思います。


健康診断で糖尿病で要受診といわれたら必ず専門の診療科に行かなくてはいけないの?

健康診断で糖尿病と言われた場合に、多くの方が心配されるのが、すぐに専門の診療科にかからなくてはいけないのか?、という点です。

糖尿病の専門科というと、前述した糖尿病内科の他、病院によっては内分泌・代謝内科、または代謝内科という科になります。

しかし、健康診断で糖尿病で要受診となったからといって、必ずしも大学病院や総合病院のこういった専門科にかかるという必要はありません。

一般的な内科のクリニックであれば、最初の相談先として問題ありません。

ただ、糖尿病を専門にしていた医師が開業して「糖尿病クリニック」などといった名前を掲げているところもありますので、もしこういったクリニックが近くにあれば、受診先としてより適しているといえます。

add_img_171

なぜいきなり専門の診療科でなくても大丈夫なの?

なぜ最初から大きな病院の糖尿病専門の診療科にかかる必要がないかというと、「健康診断での糖尿病で要受診」と「糖尿病と診断される」ことはイコールではないからです。

具体的に説明しますと、一般的な定期健康診断の結果で、糖尿病を見つけるための検査は採血と尿検査です。

糖尿病に関連した採血の項目には「血糖値」と「HbA1c」(ヘモグロビンA1cと読みます)があり、尿検査では「尿糖」の有無が血糖値に関連します。

このなかで、尿検査での尿糖陽性は尿の中に糖が漏れ出してくることであり、血糖値が高いことを意味しますが、尿糖は糖尿病かどうかの診断には関わってきません。

尿に漏れ出てくる糖は、尿を作る腎臓の状態や飲んでいる薬など、多くのことに影響を受けるためです。

糖尿病の診断に用いられるのは、健康診断の項目の中では「血糖値」と「HbA1cになります。

「血糖値」と「HbA1c」の両方が診断の条件を満たせば「糖尿病」となりますが、どちらか片方のみが条件を満たす場合には、さらに糖尿病網膜症の有無や糖尿病を疑う症状の有無など、ほかの要素を調べた上で糖尿病かどうか判断されます。

これらの判断は必ずしも糖尿病の専門医である必要はなく、内科を標榜しているクリニックの医師であれば判断することは可能です。

実際に内科のクリニックがこういった診断を行っているのが現状です(ただし網膜症の有無のチェックに関しては、眼科を紹介受診してもらう場合があります)。

最終的に「糖尿病」と診断されるか、後日再検査になるかどうかは、診察した医師が判断することになります。

ながながと説明してしまいましたが、つまり、健康診断で「糖尿病で要受診」となった場合には、内科を受診して「本当に糖尿病か」という問題をまずチェックしてもらう必要があるわけです。


もし糖尿病だったらすぐに薬を飲まなくてはいけないの?

仮に糖尿病と診断されたとしても、すべての人がいきなり糖尿病の薬を飲み始める必要があるわけではありません。

薬を飲みたくないために受診を避ける人が少なくありませんが、よほどの重症の人や「一型糖尿病」という特殊な糖尿病の人を除いて、多く糖尿病の人の最初の治療は食事の改善と日々の運動です。

つまり糖尿病だからといっていきなり薬を処方されてしまうわけではなく、「こうすれば薬を飲まなくて済みますよ」という情報が医師から提供されるのが、糖尿病の最初の治療なのです。

ですので、薬を怖がって受診を避ける必要はまったくないのです。重症になるまで放っておくと、薬を飲まなくてはいけなくなってしまう可能性が高くなってしまいます。むしろ受診することで薬を飲まずにすむ可能性があるのです。

まとめ

健康診断で糖尿病の項目が要受診となったら、まず内科で相談しましょう。 糖尿病の専門は「糖尿病内科」、「内分泌・代謝内科」、「代謝内科」といった名前です。

これらの名前を標榜するクリニックがあれば、より適した相談先となりますが、最初から大学病院や総合病院の専門科にかかる必要はありません。

また、健康診断で引っかかったから必ず糖尿病と診断されるわけではないですし、たとえ糖尿病と診断されても必ずすぐに薬が始まるというわけではありません。

恐れずに気軽に受診していただけると幸いです。健康診断の結果に関して医師とよく相談したうえで、受診した内容を健康管理に役立てていただければと思います。