【ご報告】本日の読売新聞全国版の朝刊に掲載していただきました

entry-img-195

本日2016年12月7日の読売新聞全国版の朝刊の「医療ルネサンス」の中で、当ブログのことを取り上げていただきました。

読売新聞の医療記事が載っているサイトは以下のリンクになります。

YOMIURI ONLINE ヨミドクター 

今回、医療ルネサンス「医者が患者になって」という特集の中で取り上げていただきました。

「医者が患者になって」という特集ですが、別に最近私が病気で入院していたというわけではなく、「患者の立場だった人間が医者になって感じたことをブログで発信している」という点にスポットを当てて取材していただきました。

取材してくださった記者の方、記事作成に携わっている方々、本当にありがとうございました。この場を借りて御礼申し上げます。

取材のお話の問い合わせをいただいたとき、新聞社から取材が来るなんてあまりに信じられず、「いたずらメールではないか?」と考え、びくびくしながら返信し、失礼があったこともこの場を借りてお詫び申し上げます。

今回の新聞記事では当ブログの記事の

診察室あるある事例:医者がうんざりしている患者さんのセリフ

診察室あるある事例:内科医は女性のワンピースが苦手である

といったあるある系の記事から、

私が患者から医者になって知ったこと|医療を内面から見た話

あなたは医者に言いたいことが言えますか?良い医師の条件

といったいわゆる医者の本音的な記事など、幅広い内容にわたって取り上げていただきました。

一方で今回の読売新聞の「医者が患者になって」という特集では、病気で実際に入院されてそれを今の診療や生活に生かしているドクターのことが取り上げられており、自分のようなものがそのような方々に並んで取り上げていただくなんて恐れ多いと思っております。

私のような一人の医者が出来ることなんて微々たるものですが、引き続き、いかにインターネットを通じて医療を良くしていくかという観点で、誰かの役に立てるよう努力していきたいと思います。

最後になりましたが、このブログを見てくださっている方々、たまたま立ち寄って見てくださった方々、本当にありがとうございます。今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

こちらの記事も読まれています

  • 記事はありません。