病院の口コミの評判は信用できるか?医師から見る口コミの信憑性

entry_img_29.jpg

病院を選ぶ際に注目されることが多いのが口コミの情報で決めるという方法です。

患者さんから「ほら、○○さんが先生にかかってて、いいって言っていたから来てみたんですよ」と言われると医師としては非常に嬉しいです。

しかし、病院ランキングやテレビより口コミこそが一番正確だ!」と考えるのはある意味危険です。


口コミでは医療従事者の人柄の評価までわかる

まず口コミのよい点から見ていきましょう。口コミは、ある患者さんが実体験に基づいて、その病院についての評価を友人や知り合いに伝えていくものです。

テレビや雑誌の情報よりなにより、経験に基づいた情報というのは具体性があって信憑性があることは間違いありません。

病院の選び方の詳細については

病院の検索方法|医師から見た正しい病院の選び方はどれか?

あなたが病院に行かなくてはいけなくなったとき、どのように病院を選んでいますか?家から近くのよく知った病院だったり、インターネットで調べて良さそうなところを探したり、いろいろと方法はあるかと思います。しかしどの方法が1番よいのでしょう。

口コミでは実体験の情報に加えてテレビや雑誌ではわからない医療者側の人柄などもわかるということが大きいです。 数ある病院の選び方の中でも一番重点を置いて評価するべきなのは間違いないと思います。

口コミが個々のケースに当てはまるかどうかは別問題

しかし、これは全ての病院の選び方に共通しているわけですが、一人の患者さんの体験があなたに当てはまるかどうかはまったくわからないという問題があります。

そもそも一人の経験に戻づいた口コミ情報は、その情報が他の人にも当てはまるかどうかに注意しなくてはいけません。 また、病院での治療や検査の方法は受診する科や、それぞれの病気によってまったく違ってきます。

その病院の他の分野の良い口コミ評判のおかげで、明らかに自分の病気に関して専門性が劣る病院を受診する患者さんは実際いらっしゃいます。

そういった場合に、「あなたの病気はあちらの病院の方が検査もより詳しくできるし、慣れているスタッフも多いですよ」と紹介しようとしてもなかなか受け入れてくださらないことが多いです。

つまり、口コミの情報に引っ張られてしまい、本来の自分の病気にとって一番良い病院、一番良い医師の選択ができにくくなっている方が実際にいるのです。


口コミはあくまで片側のみから見た評価

これは利点でもあり欠点でもあるのですが、口コミは患者さんから見た情報が強調されているという特徴があります。

医師の視点から見ると、患者さんに無愛想であっても腕は超一流みたいな先生は実際いるのです。 逆に医師の視点から見て、あの先生は患者さんには優しくて人気はあるけど腕はちょっとねみたいなケースも実際あります。

理想をいうのであれば、患者さんからの視点と医療者側からの視点の両方から見た評価を合わせることができるのであれば、一番信憑性が高いと思います。

つまり口コミは重点を置くべきであるが、専門家の意見ではないということを常に念頭におくべきです。

しかし、だとすれば一体どうしたらよいのでしょうか。ほとんどの人は患者さんからの視点と医療者側からの視点の両方から評価するなんてことはできないわけです。

口コミには客観的情報を補完して考える

そこで、専門家の意見に限りなく近い情報を補完して考えることになります。 その専門家の意見に近いもので、すべての人がアクセス可能な情報というのが実際の手術件数や治療経験数などの数字です。

ランキングの雑誌やホームページなどに載っている治療経験の症例数が多ければ、その技術のレベルも高い可能性が大きいです。

実際に医師である私が、例えば自分やその家族が病院にかかることになった場合、そしてそれが自分の専門分野ではない場合、病院を探すのに重視するのはそういった客観的な数字です。

636090f42c0f3adb925d388510c42e06_s.jpg

まとめ

口コミは重要視するべきです。しかし、口コミだけで判断するのは不十分です。

口コミには治療経験数や手術数などの数字のデータを加えて判断するべきと私は思います。