セカンドオピニオンの受け方マニュアル|納得した治療をうけるために

entry_img_30.jpg

あなたが自分の病気について、主治医から提示された治療方針を受け入れるか迷ったときに、セカンドオピニオンを受けるという選択肢があります。

これにより他の医療施設の医師の意見を聞き、治療の選択をどうするか相談することができます。

一人の医師の意見ではなくて、複数の医師が同じ方針を支持するのであれば、選択するときに不安な要素が少なくなります。また、違う方針を支持する医師がいれば、それはあなたの選択肢を広げることになります。

では、具体的にセカンドオピニオンはどのように受ければ良いのでしょうか。実際のセカンドオピニオンの受け方について説明します。


①まずあなたのケースがセカンドオピニオンに適切か確認する

セカンドオピニオンは、あなたの現在の病態、これまでの検査結果を他の医療施設の医師にすべて見てもらい、治療法の選択に関する助言として医学的な意見を聞くものです。

そのため、既に行われた治療の正当性を判断してもらうというケースは適応外となります。

たとえば、実際の治療法の選択をするわけではなく、医療ミスなどの裁判のケースでの治療の正当性を問うというような場合はセカンドオピニオンの適応外です。

また、現在の主治医の患者対応などの不満な点について相談するというのも適応外であり、セカンドオピニオンとは扱われません。

セカンドオピニオンはあくまで治療の選択に対する助言と意見であるという点を知っておくことが大切です。

②セカンドオピニオンを受ける病院を決める

あなたがセカンドオピニオンを受けるにあたり、あなたが信頼できそうだと思う病院を決めなくてはなりません。

受診が可能な距離にある他の大きな総合病院や有名な医師がいる病院など選び方はいろいろあるかと思います。

ほかに、病院紹介の雑誌であなたが受けたい治療の経験数の多い病院を探したり、または各種マスコミで話題の病院なども選択肢になると思います。

また、希望する治療方針がもしあるのであれば、その方針を支持してくれそうな医師がいる病院を主治医に直接紹介してもらってもよいでしょう。

セカンドオピニオンを受けるための病院の候補を決めたら、ホームページや電話でセカンドオピニオン目的での受診を受け入れているかどうかを確認しましょう。

病院の検索方法については

病院の検索方法|医師から見た正しい病院の選び方はどれか?

あなたが病院に行かなくてはいけなくなったとき、どのように病院を選んでいますか?家から近くのよく知った病院だったり、インターネットで調べて良さそうなところを探したり、いろいろと方法はあるかと思います。しかしどの方法が1番よいのでしょう。

でも詳しく記載しておりますので参考にしていただければと思います。


③現在の主治医にセカンドオピニオンを受けることを伝える

セカンドオピニオンにあたり、あなたの病状や検査結果が記載された文書が必要になります。口で自分の病気を説明するだけでは、セカンドオピニオンは成り立ちません。

そこで、これまでの経過や現在主治医が考えている治療法について、詳しく紹介状を書いてもらう必要があります。

ですので、主治医にセカンドオピニオンを受けることを伝えて、必要な資料を作成してもらうことが必須となります。

その際、必要な書類はなにか、どの検査結果が必要かなどは、セカンドオピニオンを受ける病院に確認しておくことが必要です。

主治医に申し訳ない気がして言いにくいとか言う方がいますが、セカンドオピニオンを受けるのは患者さんの権利なので遠慮する必要はまったくありません。

仮に紹介状や検査結果を持たずに他の病院を受診しても、他の病院の医師も状況がわからず具体的な意見はできないのでセカンドオピニオンは成り立ちません。

紹介状の重要性については

紹介状はなぜ大切か|紹介状によってあなたが得られる利益

引越しに伴って病院を変えるときや、専門の病院へ紹介されるときに紹介状が必要になります。紹介状なんてなくても大丈夫だったよ、という方もいるかもしれません。しかし、絶対にあったほうがよいのです。

でも詳しく述べていますので参考にしていただければと思います。

また、セカンドオピニオンに使うような詳細な紹介状など、書類作成には時間がかかる可能性がありますので、どれくらいかかるのかをしっかり確認しておきましょう。

④目的とする病院のセカンドオピニオン外来を予約する

セカンドオピニオンを受けるときは必ず前もって予約することが必要です。いきなりその病院にいってもあなたの病気の治療について判断できる専門の医師が外来に出ているかどうかわからないからです。

最近では、大きな病院ではセカンドオピニオン用の外来があります。通常の外来とは異なり、外来をやっている医師の中でもさらに経験を積んだ医師が、通常の外来よりも時間をかけて患者さんと話し合う必要があるので、別個の扱いとなっています。

また、別個の扱いとなっている他の理由として、セカンドオピニオン外来は保険適応外であることも挙げられます。費用などはあらかじめ確認しておく必要がありますので、その点も注意が必要です。

予約の際にはセカンドオピニオン用の紹介状や検査結果はあらかじめ提出することが求められる場合がありますので、外来受診日の前に提出が必要かを確認しましょう。

そして受診の際には、あなたの治療方針決定に関わる重要なことですので、なるべくご家族と一緒に受診し、情報をその場で共有できるようにしましょう。

場合によっては、患者さん本人が入院中で外来を受診することができないケースもあります。そのような場合に家族だけで受診するというケースが可能かは個々の病院に前もって確認が必要ですが、入院中だからセカンドオピニオンを受けることができないというわけではありません。

⑤治療法についての具体的なセカンドオピニオンを得る

セカンドオピニオンでは「あなたが主治医から提示された治療法が正しいかどうか?」という視点で受けるのでは不十分です。

それぞれの治療の選択肢の利点と欠点をあらためて医師に指摘し直してもらい、その上で「どの治療が今のあなたに適しているか?」ということを相談するのです。

治療の選択は「これが正しい」、「これは間違えている」という絶対的なものではないのです。

すべての治療には合併症の危険性や副作用の可能性があり、それを踏まえたうえで治療によって得られるベネフィットを天秤にかけて考えます。

当然、あなたが治療によって、なにを望むのかということが重要になってきます。たとえば、治療の効果は同等かそれ以下であったとしても、どうしても家で家族と過ごしたいから通院でできる治療を望むというのであれば、治療の有効性以外の要素を考慮して選択する必要性があるわけです。

医療では一概に「正しい」、「正しくない」に分けられないケースが多々あります。セカンドオピニオンの受診の際には、あなたが治療の先に望むものが何なのかということを確認しておくことがなによりも大切なのです。

セカンドオピニオンを持って現在の主治医に伝える

最後に、他の病院で提示された治療法やもらったアドバイスなどを、今の主治医に伝えましょう。そしてその上で治療をどうするか決断することになります。

他の病院で提示された治療法や意見について今の主治医はどう考えるのか、というところまですべてがあなたにとって貴重な情報です。

セカンドオピニオンで提示された治療について、今の主治医も納得するのであれば、それは治療法を選ぶ上で大きな安心材料になるでしょう。

今の主治医が納得できない方法であるならば、それはなぜなのかを確認しましょう。セカンドオピニオンで提示された治療法やアドバイスを違う側面から見た情報が得られるかもしれません。

それらをすべて総合し、自分にとって一番よい選択肢はなにかを見極めることになるわけです。その病院で治療を受けるのか、セカンドオピニオンを受けた病院で治療を受けるのか、新たな他の病院で治療を受けるのかを判断します。

7dd03a8adf7d1b74775c5cdb960bd68a_s.jpg

さいごに

よりよい治療のためには、まず治療について理解を深め、納得することが大切です。

そのためにもセカンドオピニオンは患者さんが持つ大切な権利の一つです。セカンドオピニオンのシステムを有効に活用することが大切です。