風邪をひいたらいつどのタイミングで病院にいくべきか

entry_img_51.jpg

体がだるくて風邪ひきはじめだと思ったので早めに病院に来ましたという方がいらっしゃいます。

しかし、実際のところ風邪で早めに病院にいっても病院でしてもらえることは少ないです。むしろ忙しいビジネスマンの方にとっては、風邪のひきはじめ病院にかかるのは時間的に考えてあまり利点があるとは考えられません。


風邪を治す薬は存在しない

まず、病院で風邪に対して処方される薬は、咳止めや熱冷ましといった症状を抑える薬に限られます。これらの薬を飲んだからといって風邪が早く治るわけではありません。

また、風邪に対して早めに抗生剤を飲んでおきたいという方がいらっしゃいますが、これもあまり効果はありません。

ちょうど良い記事があったので貼っておきます。

・風邪で抗菌薬を飲まないという選択-アピタル

そもそも風邪のほとんどはウイルスによる上気道炎であり、抗生剤細菌にしか効果がないので、ウイルスによる炎症に飲んでも効果はまったくありません。

早く治そうと思ったらとにかく休むこと

少しでも風邪を早く治したいと思ったら、無理をしないことしかありません。忙しいビジネスマンの方には難しいかもしれませんが、先送りできる予定は先送りして、とにかく体を休めることに集中することです。

風邪を早く治す治療は、今日の飲み会の予定をキャンセルすることから始まります。 むしろその方が、風邪が早く治って仕事の生産性も高まるはずです。

体に無理をかけながら仕事を続けて、しかも風邪が早く治るような薬を使うという治療は、残念ながら現在の医療では不可能です。


病院にいくのは症状があまりにつらいとき

病院でしてもらえるのは先にも述べたとおり、症状をおさえる薬をもらえるということです。ですからあまりに症状がつらくて日常生活に支障をきたす場合、病院で診てもらって薬をもらうということであれば、選択としては間違っていません。

しかし最近では薬局でも比較的効果のある感冒薬が手に入りますから、仕事で忙しくて病院にいく暇がないという人にはこういった薬局の薬を使うことも有用だと思います。

結局風邪で病院にいっても医者がみているのは、肺炎などの重症な病気が隠れていないかという点なので、病院にかかっても、風邪で早めにかかって早めに治そうという意図は達成できません。

ちなみにどういう時に何科にかかるかということについては

風邪を早く治すためには何科にかかるのが正しいの?

風邪をひいたら早く治したいというのは常に誰もが思うことです。しかし初めに言ってしまいますが、ただの風邪であるならば、早く治すためには安静にして体をやすめるのが一番効果的です。なぜなら風邪のウイルスをやっつける薬というものは存在せず、病院で処方される薬は症状をおさえるためのものだからです。

に記載しておりますので参考にしていただければと思います。 結局風邪で病院にいくのは、症状があまりにひどかったり、長く続いていたりして「これはただの風邪ではないかもしれない」と思ったときです。

4e6ad93fb69f6e973ef85aefddf3a4c1_s.jpg

まとめ

風邪に一番効果があるのは、病院の薬ではなく、体を休めることです。早く病院にかかれば早く治るというのは、風邪に限って言えば間違いであるといえます。

風邪で病院を使うときは、症状をおさえたいとき、またはただの風邪ではないかもしれないと思ったときに使うのが賢い利用法といえます。