家族が認知症になったらどうする?行くべき病院と必要な手続き

家族が認知症になったかもしれない?

予定の外来にいらっしゃらなかった高齢の患者さんが、後にご家族に連れられて認知症で変わり果てた姿で来院されるというケースが多々あります。

また、一人暮らしの高齢者の患者さんが外来で明らかにいつもと様子が違い、認知症が進んでいることがわかり、あわててその場で患者さんの家族に連絡するということも多々あります。

病院側にしろ、ご家族側にしろ、今よりこまめに一人暮らしのご高齢の患者さんに連絡を取る必要があると感じています。

しかし、実際に家族認知症だと思ったら、何をすればいいのでしょうか。

実際ご家族が認知症になったらショックでなかなか現実を受け入れられないかもしれません。しかし、お互い悲惨な生活におちいらないように、その後の生活の準備を進める必要があります。


まずはかかりつけの病院に一緒にいく

ただもの忘れが多いといった症状は加齢が原因であり、治療は必要ありません。しかし、もの忘れがあまりにひどく、日常生活に影響をきたすような場合は認知症を疑って検査をする必要があります。

患者さんのかかりつけの病院があれば、まずそちらに一緒に行くことが最初に必要です。 かかりつけのクリニックが専門外であっても、認知症の専門病院に一緒に行く前にこれまでの治療経過や薬について紹介状を作ってもらい、持っていく必要があります。

また、将来的に要介護認定を受ける必要が考えられますので、その際にかかりつけの病院で主治医意見書をつくってもらうことになるかもしれません。かかりつけの医師に患者さんの状況を把握してもらうことは大切です。

主治医に要介護認定を受ける予定であることを伝え、今現在生活において何ができて何ができないかを詳しく説明しておくことが必要です。

認知症を診療している病院に一緒にいく

認知症に対しての専門は、神経内科脳神経外科といった診療科になります。また、もの忘れ外来認知症外来という看板を掲げているところもあります。

認知症を専門とする外来の一覧を掲示しているサイトもありますので、病院を探す際には参考になるかもしれません。

しかし、もの忘れをすぐに認知症だと決めつけてしまうのも、いいことではありません。

急にもの忘れがひどくなったという人の中に、慢性硬膜下血腫などの治療可能な病気が隠れていることもあります。

ですので、頭のMRIの検査脳血流の検査までやってくれる病院がよいといえます。 将来的に主治医意見書をつくってもらうことまで予定しているのであれば、頻回の通院を考えて遠方の病院は避けたほうが良いかもしれません。

主治医意見書を作ってもらうのであれば、やはり要介護認定を受ける予定であることを伝え、現状を詳しく説明しておきましょう。

少なくとも、ご家族のもの忘れが明らかにひどくなってきたのに「おじいちゃんもボケてきたわねー」で放置するのは悲惨な結果を招く可能性があります。おかしいなと思ったら必ず病院で診てもらうべきです(実際にそういうケースをよく目にします)。

アルツハイマー型認知症に対しては、今ではアリセプトメマリーなど進行を抑える薬も開発されていますので、これらの薬が適応になるかどうかよく相談しましょう。


介護保険の申請をする

もしこれまでに介護保険の申請をしていないのであれば、申請をすることが必要です。認知症ということになれば、在宅生活においてヘルパーさんなどの手助けが必要となることが予想されます。

介護保険の申請に関しては、市区町村の介護保険担当が窓口になっていますので、そちらに申請をすることになります。

申請の際に、主治医の名前や病院名を書く欄がありますので、ここに記入した医師に市区町村側から主治医意見書作成の依頼が行くことになります。

062abac08d5e905362395ae46718ee0b_s.jpg

まとめ

かかりつけの病院があればまずそちらへ、そして紹介状をもらって認知症の専門病院へ一緒に行きましょう。それと同時に介護保険の申請もしなくてはいけません。

しかし、これらのことをするためには、認知症になってしまっていないかどうかまず気づくことが必要です。

離れたところに住んでいるご高齢の家族がいらっしゃるのであれば、日頃からこまめに連絡をとるということが認知症の予防の意味も含めて大切なこととなります。

こちらの記事も読まれています

  • 記事はありません。