医師の出身大学で検索できるという病院検索サイトが面白い

entry_img_81.jpg

別に宣伝する気はさらさらないのですが、医師を出身大学で検索できるサイトを見つけて、非常に面白いなぁと思いました。

一応ことわっておきますが、決して面白半分に「へー、あの先生、〇×大学出身なんだねー」と興味本位で使う目的で勧めようというわけではありません。

なんで取り上げたかといいますと、医師人間関係というものは、出身大学ごとにまとまっていることが多いのです。

例えばあなたが特定の大学病院紹介状書いてもらいたいと思った時に、その出身大学の医師のいるクリニック探すことは、非常に有用です。


名指し紹介状を書いてもらうために

大学病院での専門的な治療を希望する場合、現在では直接自分でかかることは難しくなっています。

多くのこういった高度医療機関では、初診時に紹介状を必要とするようになってきています。 まず、地域の中小規模の病院やクリニックで、医師にその必要性があるかどうか判断してもらった上で、そういった高度医療機関にかかる流れになっているのです。

そのような場合、紹介する側の医師からすると、まったく知らない医師に紹介状を書くよりも、名前を聞いたことのある医師の方が紹介状を書きやすいという点があります。

紹介状は医者知り合い同士の方がよいの?

知らない医師に対して紹介状を書けないということはまったくありません。実際私はこれまでに会ったことない医師に名指しで紹介状を書きまくっています。

医師が紹介状を書きやすいか書きにくいかは、まったくもって患者さんが気にすることではありません。 しかし実際のところ、知らない医師に紹介状を書く場合、本当に紹介先の医師の専門と患者さんの求める治療が合致しているのかどうかわからないことがあります。

患者さんが専門的治療を希望して、「〇×の病院の△□医師に紹介状を書いてください」と言われた場合、自分の聞いたことない医師だと、自信を持って患者さんに勧められません。

もし間違っていたら、再度別のところに紹介状を書いてもらうことになってしまい、患者さんとしても二度手間になってしまいます。

ですので、ある医療機関への紹介状をもらいたいという場合、出身大学が同じ医師のいるクリニックで相談するというのは、紹介をスムーズにすすめるための一つの選択肢になり得ます。

ちなみに開業しているクリニックの医師であれば、ほとんどの場合医院のホームページなどに出身大学を含めた経歴が記載されています。


同じ出身大学というだけで医者はみんな知り合いなの?

当然のことながら、同じ出身大学というだけですべての医師が知り合いであるということはありません。

というか、実際にサイトで自分の出身大学の医師を調べてみましたが、知らない名前が非常に多かったです。

ところが同じ出身大学、同じ診療科で検索すると、当然ですが直接知っている人が多く出てきました。医者の世界は狭い世界ですが、その中でも出身大学ごとにつながりが深いことは間違いありません。

また、同じ出身大学内だと、出身大学の大学病院で行っている専門治療などの内情について、まったく違う出身大学の医師よりも詳しいことが多いです。

このような医者同士のつながりが、前述のようなサイトで調べることである程度患者さんにもわかるというのは、これまであまりなかったのではないかなぁと思い、非常に興味深く思いました。

医者同士のつながりは、別に患者さんに見られて困ることはありませんし、逆に時として患者さんにとって有用だろうと思われます。

最初に挙げた検索サイトでは、出身大学別で出てくる医師はまだまだ少ないですが、そのようなことを検索できるようにしてしまおうという試みは面白いです。

PAK85_lalamushimegane20140321500.jpg

まとめ

実際のところ医者の人間関係は、出身大学ごとにまとまっていることが多いです。

患者さんはこのようなことをまったく気にする必要はありませんが、もし知っておくと紹介状をもらうときにスムーズになるかもしれません。