お薬手帳は大切です!東日本大震災で活躍した大事な役割

entry_img_9.jpg

お薬手帳をもらっているのに、持ってこないという方が多いように思います。

また、お薬手帳はいりませんという方も中にはいらっしゃいます。

しかし、お薬手帳は非常に大切です。これについて説明します。


お薬手帳があれば一目で飲んでいる薬がわかる

東日本大震災で、普段かかっている病院にいけなくなってしまったとき、処方薬を決めるのに大きな効力を発揮したのがお薬手帳だったそうです。

お薬手帳は調剤薬局でもらえる手帳です。処方された薬の情報が記載されたシールを貼ってもらえます。

これをみれば、あなたが飲んでいる薬の正式な名前、容量がひと目でわかるので非常に便利です。

東日本大震災ではお薬手帳をもってくることができた患者さんは、これまでの処方をスムーズに続けることができ、現場の医療スタッフも病状の把握をしやすかったのです。

なぜ飲んでいる薬がわかると役立つのか

お薬手帳があれば、あなたが自分で覚えていなくても

  1. 新たに薬が処方されるときに悪い飲み合わせが起きないようにできる。
  2. 同じ成分の薬が重なって処方されることを防ぐことができる。
  3. 薬品アレルギーや副作用の出た薬を確実に避けることができる。
  4. お薬手帳の内容から、医師に病状のおおまかな推測をしてもらえる。

という4つの利点があります。

人よっては血液サラサラの薬だったり、他の特定の薬と飲み合わせの悪い薬を飲んでいますから、医師は内服している薬の情報は必ず確認します。

たとえ風邪薬とかであっても、最近はジェネリック薬品もあり、同じ成分の薬でも名前が違っていたりするので、重複して処方しないように確認は必須です。


手帳なしで自分の薬を覚えるのは至難の業です

よく、錠剤の色や形で教えてくれる方がいらっしゃいます。しかし実際それだけで薬品を確定することはかなり難しいです。

さらにそのような不確定な情報だけで薬を処方するのは医者はなるべく避けたいと考えています。

自分が今現在なにか薬を飲んでいるという情報は、診察の際に絶対必要であるし、重複した薬を処方されないように、飲み合わせの悪い薬を処方されないように自分の身を守るためでもあります。

6ab7621e12c8e207036d84ad267e0a84_s.jpg

手帳は薬局でもらえますが、クスリの処方の情報が記載されたシールを貼るだけなのでオリジナルの手帳でもオッケーです。

震災時だけに限らず、お薬手帳は普段の診療でもとても大切です。お薬手帳をお持ちの方は病院にいくときは必ず持っていくようにしましょう。