アレルギーが出た薬の名前は絶対にメモしておいてください

entry_img_97.jpg

「何か薬でアレルギーが出たことありますか?」と聞くと、「なんかの薬で出たことありますけど、名前は忘れちゃいました」という人が多すぎます。

これでは薬のアレルギーはありません」と言っているのと、何もかわりません。 なぜなら、医者が患者さんにどの薬を使うのを控えるべきか、まったくわからないからです。


そもそもどんな症状アレルギーなの?

そもそも、アレルギーというものが、どんな症状を起こすのか、知らない方が多いと思います。

有名なところでは、じんましんという皮膚の症状がありますが、それ以外にも全身にいろいろな症状が起こり得ます。

肝臓に炎症が起きたり、腸に炎症が起きたり、喘息のような症状が出たり、熱が出たり、赤血球が壊れて貧血になったり、血小板が少なくなったり、腎臓に炎症が起きたりなどなど、症状は数えきれません。

重症なものだと、血圧が下がってショック状態となる場合があり、これはアナフィラキシーショックと呼ばれ、命に関わる重大な状態です。

このようにアレルギーは、全身に様々な症状を起こします。 薬を飲んでいて、何かおかしいという症状があったら、まずその薬を処方してもらった医師にそのことを伝えることが大切です。

でもどの薬が原因だったかよくわからない場合は?

薬物アレルギーは全身の症状経過と、薬を飲んだ経過から疑われます。 実際のところ薬物アレルギーに対して、採血を用いた検査や皮膚を用いた検査などの方法はあるものの、必ず原因の薬剤がわかるわけではありません。

また、アレルギー症状が出たときに多くの薬を飲んでいて、どれが原因だかわからないという場合も実際多いです。

しかしそのような場合であっても、医師は基本的に可能性のある薬剤はすべて中止します。 そして患者さんの「アレルギーの原因であった可能性がある薬」というだけで、それは非常に大切な情報になります。


必ずそのの「名前」を知っておいてください

再発を避けるため、一度アレルギーが疑われた薬は、以後は使用するべきではありません。

ですので患者さんも、アレルギーの原因となったかもしれない薬の名前は、すべて知っておく必要があります。

疑われるすべての薬の名前をメモに残して、ほかの病院にかかったときに聞かれたら、必ず答えられるようにしておいてください。

よく、「赤い薬だった」とか、そのような薬の見た目で教えてくれる人がいますが、世の中にある薬の種類は膨大なため、それだけでは不十分です。

大切なのは、あくまで薬の名前です。薬の名前はややこしくて覚えにくいので、必ず何かに記録しておくことが大事です。

post_img_97.jpg

まとめ

医師に薬のアレルギーかもしれないといわれたら、必ずその薬の名前を記録しておいてください。

アレルギーを起こした薬の名前、アレルギーの原因かもしれない薬の名前というのは、あなたの身を守る大切な情報になります。