女性の聴診とセクハラ問題|診察時にブラジャーは外す必要ある?

entry_img_99.jpg

この話題にはいろいろ意見があるのだと思いますが、女性の胸の聴診に関して、医師として考えることがあります。

現実に診察室内で、セクハラ診察されたと裁判になるケースが実際にあります。

セクハラの定義自体、相手が不快に思ったかどうかが重視されるものなので、診察がセクハラにあたるかどうかという問題と、正当な診察かどうかという問題は、分けて考えなくてはいけません。

女性の胸の聴診に関する問題では、実際多くの医師が頭を悩ませているはずです。


女性看護師の外来への付き添いが大切といいますが・・・

必ず女性の看護師が診察室にいてくれる病院であればいいのですが、一方でいない病院もあります。

また、女性の看護師がついていても、忙しくて診察室を離れていることもあります。 そういったときに、女性の患者さんの診察をしなくてはいけない状況というのが、実際によくあります。

私はそのようなときに、外来の手をとめて看護師が戻ってくるのを待ちます。 しかし忙しくなってくると、そこまで頭が回らずに、看護師不在で診察をしてしまっていることもあります。

そもそも聴診ってどこに聴診器をあてるものなの?

教科書的には、心臓の雑音の有無を確認するために、下記の図のようにそれぞれの心臓の弁の領域を聴診する必要があります。

心音

また、肺の呼吸音の確認では、下図では前面しか記載されていませんが、このように左右を比較しながら、肺の存在する部分をくまなく聴いていく必要があります。

肺音呼吸音では、これに加えて背中も左右を比較しながら、広い範囲を聞いていくことになります。

胸部の前面の聴診では、図を見るとわかるように、どうしても乳房または乳房の近くの部分に、聴診器をあてる必要があるわけです。


少なくとも服の上からの聴診はあまり意味がない

ですので本来聴診は、ブラジャーをしている場合ははずしてもらって、聴診器をあてて行うのが正しいやり方です。

これに関しては、診察室で1対1でもブラジャーをはずしてもらって診察している医師もいるようですが、一方で女性の聴診は服の上からしかしないという医師もいます。

着衣のままの聴診では、聞こえる所見も聞こえなくなってしまうのですが、そういうことをしている医師は実際にいます。 非常に重症な雑音であれば聞こえることもあるかもしれませんが、当然ながら雑音を見逃す可能性も高くなります。

私自身は、女性看護師立ち合いの上、基本的に服はまくってもらった状態で聴診し、心音が聞こえにくければ必要に応じてブラジャーをずらしてもらうという形をとっています。

最初からご自分ですべてまくってくれる方もいますが、胸の聴診自体に抵抗を示す方も当然いらっしゃいます。 この女性の聴診に関して、病院で明確なプロトコールのようなものがあればよいのですが、実際のところそういった病院は聞いたことがありません。

しかし、そのような対応を決めていないがために、不十分な聴診がなされているケースが多く、結局これは患者さんの不利益となる可能性があるわけです。

でも考えてみると診察は非日常的な行為

そもそも診察室という個室内で、女性が男性の前で胸を見せるということは、よく考えると異常なことです。

これまでの時代では、医者と患者だからあたりまえだということになっていたわけですが、今はそういう考えが通じる時代ではなくなりました。

医者の方も、女性の聴診をする際にどういうことに気を使うべきか、もっと考える必要があると思っています。 たとえば「ちょっとすいませんね~」と軽い感じで、急に胸に聴診器を当てられたら、それは不快に感じる女性も多いはずです。

「これから聴診をするので、心音を聞くために左胸の下から聴診器をあてますね」とか、聴診の意図について丁寧に説明すると、だいぶ印象は変わるのではと思います。

でもそういう医者ってあんまりいないはずです。 また病院としても、このことに関してルールを決めておいたり、診察に関してあらかじめ説明を加えたりする必要があるのではないかと思います。

診察室の前に、聴診のときに聴診器を当てる部位の説明をあらかじめ張り紙をしておくとか、衣服をどうするかについて説明を張っておくとか、女性の看護師の同席を確実にするとか、いろいろ整備できる点はありそうです。

post_img_99.jpg

まとめ

女性の胸の聴診に関して、「診察に必要だからあたりまえ」という考え方が受け入れられていたのは、過去の時代の話です。

医者は、患者さんに不快な思いをさせないよう配慮しながら、患者さんの不利益にならないようしっかりとした聴診をする必要があります。

そして、もしこのようなことに関して不快なご経験があった場合は、医療をよりよいものに日々改善していくためにも、ぜひともそのことを病院側に伝えていただきたいと思います。

そして多くの病院が、そのようなことに関して患者さんが相談しやすい窓口を、もっと整備する必要があるのではないかと思います。

同時に、あらかじめトラブルを防ぐために、女性看護師の立ち合いなどに関して、病院側の人員配置の整備、ルールの整備もまだまだ不十分です。

医学的には、ブラジャーを外していただいて、しっかりと聴診することが教科書的に正しい方法ですが、抵抗を感じていらっしゃる方がいる以上、それを取り除くための医療者側の配慮が足りていないというのが現状だと思います。